未 草 展 「 月夜の釦 」 at coil4

coil4さんの店名の由来、それは店主 重野さんが初めて買った古机の中に転がっていたコイルにあるという。なんだか中原中也の「月夜の浜辺」みたいで、その感性がとても好きだなと思った。

月夜の晩に波打際で拾ったボタン。何に役立つでもないそれを中也は捨てられない。「指先に沁み、心に沁みた」そのボタンを「月に向つてそれは抛れず 浪に向つてそれは抛れず」袂に入れ「どうしてそれが捨てられようか?」と詩に謳う。

そんなものの一つや二つ、誰しもが持っているのではないだろうか。自分も子供の時から今も変わらず、ずっとものを拾い続けている。蒐集というほど何かに特化も体系づけもされていない。むしろなんの脈略もないただの拾いもの。何がそうさせるのか自分でもよくわからないのだけれど。

本展では長年あたためてきたそれらで作る、手のひらに乗るような小さな彫刻を多く並べようと思う。引出しのコイルのような、月夜のボタンのような、そんな彫刻を作りたい。coil4さんという大好きな空間で、それらが佇む姿を自分も見てみたい。できればじかにそっと触れてみて欲しい。それらは誰かの忘れかけていた感覚の扉を開く鍵のようなものになるのかもしれない。

小林 寛樹が作る彫刻の他に、未草の生活道具も並びます。

 

未 草 小林 寛樹

 


 

日 付:10月5日(金)~ 14日(日)(会期中無休)
時 間:11:00 ~ 18:00
在 廊:6日(土)
場 所:coil4
住 所:945-0822 新潟県柏崎市穂波町9-20
電 話:080-4735-2223
H  P:http://blog.goo.ne.jp/coil4