「10th Wedding Anniversary」

迎えた10度目の結婚記念日。
2人の間に訪れる初めての大きな節目。

よく優雅に暮らしていると思われたりするけれど、
本当に近くで見てきた人は誰もそうは言わない。
圧倒的に苦しさが勝る日々だった気がする。
妻はよくその手を離さずについて来てくれたと思う。

10年目の宝石なんて贈れないし欲しがらないけれど、
これからの10年はこの人の笑顔を輝かせるために生きて
これまでの時間に報いてゆきたい。